USBインターフェースはなぜそれほど大きいのですか?

 そのような質問をする友人がしばしばいます、そして、コンピューターまたは電子装置の小型化の傾向はますます明白になっています。設計時には、コンピュータは標準のUSBインタフェースと同じくらい薄くなるように設計できること、そして巨大で肥大化したUSBインタフェースが依然として存在し続けるという価値と意味を持ち続けることができるかどうかがよくわかります。今日は、USB開発の歴史を簡単に概説し、この問題を説明して説明します。

  明確にするための最初のことは、携帯電話で最も一般的に使用されているマイクロUSBインターフェースと主流のUSB Type-Cのサイズが比較的小さいということです。 Thunderboltや他の専用インターフェースと比べて、小型化されたUSBインターフェースはすでにかなり優れています。それからUSBインターフェースは比較的大きいと思います、それは最も早いタイプAコネクタに集中するべきです。後のタイプBのため、インタフェースはすでにケーブルよりはるかに太いです。

  USB Type A誕生於1996年,當時並行接口和串行接口是主流。作為一個新事物,USB接口是劃時代的。首先,將並行接口的25針,36針大型連接器放在一邊,比較A型和9針串行接口的實際參數。它是標準的USB母頭連接器,即使橫截面積為14.4 * 7.1 mm,小尺寸為13.4 * 7.1 mm,它甚至可以做到一點點。串行接口DB 9的母連接器尺寸為16.9 * 9.2 mm,比A型大得多。串口對連接穩定性有嚴格要求,通常有兩個固定螺孔。兩個固定螺釘孔之間的距離為25 mm,因此一個串行接口的尺寸實際為30.8 * 9.2 mm。寬度是USB接口的兩倍,高度超過它。使用與VGA顯示器相同的9孔串行接口,讓我們想一想作者的初始鼠標。

  然後,經過多年的發展,每個人都會問這個界面是否會變得越來越小。作者認為,另一個問題是傳輸速度顯著增加,並且線路的EMI掩模要求越來越高。在USB 2.0時代,傳輸速度已達到480 Mbps。由高頻信號引起的高頻脈衝干擾需要厚掩模層來解決EMI問題。所以現在USB接口並沒有變小,原因就在這裡。

  但總的來說,考慮到這個問題不能落後於時代。當時的設計師並不認為隨後的發展如此之快。